名刺リーダー

名刺リーダーのメリットについて

名刺リーダーは、名刺を読み取りデジタルデータにする機械のことです。名刺リーダーの機能としては、画像データを分析し名刺に刻印された情報をテキストデータに変換するというものです。その映像を取得する方法としては、携帯電話などのカメラを利用するものから、スキャナーを利用するものまでさまざまです。 特に大量の名刺を一度に処理する場合には、専用のスキャナーが販売されており、それらを利用することで、携帯電話などのカメラなどで不便なピント合わせなどを気にせずに読み込みをさせることが可能です。 名刺リーダーによってテキスト化されたデータは顧客管理に使えることができますし、部署内での情報の共有化にも役立てることができます。

名刺管理に掛かる費用について

名刺リーダーの費用としては、無料のものから有料のものまでさまざまです。 無料の場合にはソフトウェアのみ提供されており、画像などの取得は利用者が工夫して行う必要があり、また精度もまちまちですので利便性では劣ります。一方で有料のものは安いものでは1万円前後のものもあり、名刺を読取る機能のほかテキストデータをデータベース化できるメリットがありトータルで名刺管理を行うことができます。 一方で、一定規模の組織向けのものとしては、クラウドシステムを利用したものがあります。クラウドシステムを利用した名刺リーダーでは、組織内での名刺情報の共有化を図ることができ、特に営業などを行う際に有効にその情報を活用できるメリットがあります。